top of page

カレッジイベント終了とお礼

更新日:6月3日

この度、5月29日に大阪の江坂テニスセンターで相生学院高校専用のショーケース、30日から31日にかけて東京の有明テニスの森でアメリカの大学のコーチたちを招いて、US College Exposure Campを開催いたしました。


北は北海道から南は沖縄まで、3日間で総勢59名の参加者、アメリカの大学13校からのコーチやトレーナー、約20名のスタッフ、そして参加者の保護者の皆様にご参加いただき、軽く100名を超える過去最大規模のイベントを無事に開催することができました。


これもひとえに、メインスポンサーであるダンロップスポーツマーケティング様、株式会社Kimony様、有限会社Best Performance様の多大なるご協力の賜物です。この場を借りて、心より感謝申し上げます。


イベントが成功したかどうかは、参加していただいたコーチや選手の皆様にご判断いただくことになりますが、集まってくださったコーチたちが本当に素晴らしい方々ばかりで、短い時間ながらも毎日一緒に過ごすことができたのは大変楽しく、感慨深いものでした。


また、これまで私が関わってきた現役アメリカの大学生、卒業生の皆様、NYでの元生徒富澤直人くんのお母さんの富澤愛子さま、そしてメインスタッフとしてオンコートでの進行を手伝ってくれた幼馴染の太田茂コーチ、山根一真コーチ、欠かせない存在となった岡本七海さん(University of Hawaii Hilo)、渡辺龍乃介くん(Boston University)、沖縄から駆けつけてくれた長年の友人で弊社アドバイザーの酒井亮裕医師、テキサスA&M大学(今年の女子NCAA D1チャンピオン)の新井翔勇トレーナーなど、皆様のおかげでこのような素晴らしいイベントを実現することができました。


今回、ゲストスピーチをしてくださったTemple大学卒業の武部せなさんが、「チームにはアメリカ人が1人もおらず、他の国からの選手たちばかりで最初は本当に大変でした。しかし、最後にはその経験が自分の考え方に柔軟性をもたらし、本当にアメリカに行かなければ得られなかった経験ができました」と語ってくださったことを聞いて、1人でも多くの若い方々がこのような考え方を持てるような、真の意味でグローバルな人材として成長してくれたら、日本の未来も明るいものになるだろうと感じました。


この仕事を始めて11年が経過しました。最初はたった1人を送り出すところから始め、最近では毎年20名の学生を支援させていただいております。近年、アメリカの大学を目指す学生が増えてきていることを本当に嬉しく思っています。しかし、アメリカの大学が全て素晴らしいわけではありません。武部さんのお話にもありましたが、最初の2年間は本当に苦労することが多く、精神的にも厳しい時期があります。そういった時期に寄り添い、支援していきたいと考えています。また、日本の大学も素晴らしく、特に日本のコーチたちの情熱は世界一です。日本人として学ぶべきことが多いと感じています。


アメリカの大学留学は、プロ入りか日本の大学進学かという2つの選択肢に加え、第3の選択肢として「こんな道もあるのか」と思っていただければと思います。選択肢が増えることは良いことであり、選手の皆さんには自分の将来をしっかりと考え、文武両道で決してテニス一筋にならないように歩んでほしいと願っています。


長くなりましたが、無事にイベントが終了したこと、そして多くの方々のご協力とご支援に心より感謝申し上げます。


引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


We held a dedicated showcase for Aioi Gakuin High School at Esaka Tennis Center in Osaka on May 29th, followed by the US College Exposure Camp at Ariake Tennis Forest in Tokyo from May 30th to 31st, inviting coaches from American universities.


We had a record-breaking event with over 100 participants, including 59 players from Hokkaido in the north to Okinawa in the south, coaches and trainers from 13 American universities, about 20 staff members, and the parents of the participants over the three days.

This achievement was made possible thanks to the support of our main sponsor, Dunlop Sports Marketing, as well as our sponsors Kimony Co., Ltd. and Best Performance Co., Ltd. We would like to express our deepest gratitude to them.


The success of this event is determined by the coaches and players who participated, so I cannot say for sure. However, the coaches who gathered were truly wonderful people, and although the time was short, I enjoyed being with them every day. Additionally, I would like to thank the current American university students and graduates I have been involved with in the past, my childhood friends who helped on-court as main staff members, Mrs. Aiko Tomizawa, the mother of my former student Naoto Tomizawa, whom I taught in New York. Coach Shigeru Ota and Coach Kazuma Yamane, the indispensable Nanami Okamoto (University of Hawaii Hilo), Ryunosuke Watanabe (Boston University), my longtime friend and company advisor Dr. Akihiro Sakai who came all the way from Okinawa, and Trainer Sho Arai from Texas A&M University (this year’s NCAA D1 Women's Champion). Without any of these people, this event would not have been possible.


This time, we had Sena Takebe, a graduate of Temple University, give a guest speech. She said, "There wasn't a single American on the team, and at first, it was really tough being surrounded by players from other countries. But in the end, it gave me flexibility in my thinking, and I had experiences that I couldn't have had if I hadn't gone to America." Hearing this, I thought that if more young people could develop such a global perspective, the future of Japan would be bright.


It has been 11 years since I started this job. Initially, I was sending just one person, but recently, I have been helping about 20 students each year. I am truly happy to see an increasing number of students aiming for American universities.


However, not all American universities are great. As Ms. Takebe mentioned, the first two years can be tough and mentally challenging. I aim to provide support during those times. Japanese universities are also wonderful, and the dedication of Japanese coaches is also the best in the world. There is much to learn as a Japanese person. Considering American university study abroad as a third option, in addition to turning professional or going to a Japanese university, is beneficial. Having options is always a good thing. I hope all athletes will carefully consider their futures, balancing academics and sports, and not become solely focused on tennis.


This has been a long message, but I wanted to take this opportunity to express my gratitude and share that the event concluded.


Thank you for your continued support.



閲覧数:373回0件のコメント

תגובות


bottom of page