top of page

志津テニスクラブ所属、原茉央さん、NAIA所属University of the Cumberlandsに入学決定!

志津テニスクラブ所属の原茉央さんが、NAIA所属で全米トップ10に入るUniversity of the Cumberlandsに入学が決定しました。原さんは早くから留学の意志を固め、長い期間かけてしっかりと準備をしてきました。


アメリカ合衆国ケンタッキー州に位置するUniversity of the Cumberlands(カンバーランズ大学)は、多様な学術プログラムと豊かなキャンパスライフを提供する私立大学です。この大学は、学生一人ひとりの成功に重点を置き、小規模なクラスでの個別指導を通じて、学生が自分の能力を最大限に引き出せるようサポートしています。

カンバーランズ大学は、理学、人文科学、ビジネス、教育、健康科学など、幅広い分野の学士、修士、博士課程を提供しており、学生は自分の関心やキャリア目標に合わせて学問を深めることができます。


以下原さんからのコメントです。


”私は、高校入学前から今までやってきたテニスを何かに活かしたいという思いからアメリカの大学に進学したいと考えていました。

あまり大きな戦績を残せていなく心配でしたが、馬場さんが主催して下さった広島でのショーケースに参加させていただき、Chin Tanコーチから声をかけていただきました。

とてもフレンドリーで大学の魅力をたくさんお話してくださったのでその時点で私もCumberlandrsの一員になりたいと強く思いました。

このような機会をくださった馬場さんと参加させてくれた親に感謝しています。

留学するためには高校の授業では補いきれないような英語力が必要で、自分で勉強しなければいけませんが、高校の先生が協力してくださったり、馬場さんが私の1週間ごとのスケジュールをみてくださっていたため、勉強する習慣をつけることができました。

また、ジュニア引退してからも練習環境を設けてくれている志津テニスクラブにも感謝しています。

まだまだテニスも勉強も足りないと思うので入学を楽しみに常に向上心を持って頑張っていきたいです。入学後はたくさんのことを学び、テニスも活躍してチームに貢献できるよう頑張ります🔥💪🏻

ここまでサポートして下さった方への感謝を忘れず有意義な4年間にしたいです。”


原さん、木本コーチ、おめでとうございます!

引き続きよろしくお願いいたします。






閲覧数:578回0件のコメント

Comments


bottom of page